QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
メイクブラシメーカーMIYAO
メイクブラシメーカーMIYAO

メイクブラシ熊野化粧筆MIYAO



癒しの熊野化粧筆 宮尾



このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年03月12日

巨人の星 広島のお土産 熊野化粧筆を

Iタウンページ宣伝大使 熱血!星一徹(巨人の星)が、熊野町へ!!パワーアップ プレゼントキャンペーン

広島で出会ったお土産。それは、星明子のためでもあるのです。
明子へのお土産も忘れないと誓う。みなさんこんにちは、おなじみ、星一徹です。

わしが次に行こうと決めた場所は、広島です。
どうして広島なのか?
答えは、行ってみたかったから、なのです!
明子と一徹










広島にも、うまいものもたくさんあるし、風光明媚な場所もたくさんある。
ああ、楽しみじゃなぁ。

というわけで、明子にその旨を伝えたところ、いつものように快く送り出してくれるかと思いきや、ちょっと憮然とした感じ。
なぜじゃ?なぜ怒っとるんじゃ!?


「お父さん、何度も旅行してるのに、お土産買ってきてくれたの、最初だけよね・・・」

む、むぅ。
わしは女心を理解しておらんかったようじゃ。
このままではわしの立場が危うくなる。
とっさにそう判断したわしはすかさず明子にこう言いました。

「あ、ああ。そんなことか。
ちょうど今回は買ってこようと思っとったんじゃ。
うん、これ、ほんとじゃよ・・・」

「・・・どうかしら」

むむ。
これは、ちょっとマズイ状況。
わしはそそくさと家を出て、新幹線へと飛び乗りました。

「明子にもお土産、絶対買わなくちゃ・・・」

そう、ひとりつぶやきながら・・・。

一徹 広島駅に到着












*************************************************
広島で、筆と出会ったわし。広島へ到着したわしの脳裏に浮かぶのは、「何をお土産にしたら、明子は喜ぶのか」という難問でした。

「広島には、どんな素敵なお土産があるかのぉ・・・」
わしは、明子のことを思い浮かべてみました。

思えば、苦労ばかりかけている、わし。
年頃の娘にしては化粧っ気もないし、ああ、すまん明子よ・・・。
ん?化粧っ気?
・・・・そうじゃ!

わしは電光石火の早さで、ノートパソコンでiタウンページへ、アクセスしました。
検索ボックスに「広島 化粧」と入力すると、「化粧」に関するキーワード候補が表示されます。

「入力キーワードまでお勧めしてくれるのか、やるなiタウンページ・・・」

思わずうなりながら、いくつかの候補の中から「広島 化粧品製造・卸」で検索をしてみました。



すると!検索結果がズラリ!
さすがiタウンページ!














そしてわしの目を釘付けにしたのが、化粧筆の写真がある「有限会社宮尾産業」。化粧筆のお店です。
「職人の技で仕上げた」という文字が、職人好きのわしのハートをずきゅんと打ちました。

更に詳しい情報を調べようと、お店の名前をクリックすると、大きな筆の写真に目を奪われました。
その他にもたくさんの写真やお店の情報にわしも大満足。

熊野化粧筆MIYAO

熊野化粧筆MIYAO

「化粧筆・・・きっと明子も喜ぶこと請け合いじゃ!」

さっそくそのお店までの道のりを知るべく「ルートを調べる」をクリック!
「うぅ、早く明子におみやげを買ってあげたい・・・」

地図を見ると「宮尾産業」までは、駅からも遠いようなのでレンタカーで行くことにしました。

「まず、出発地「広島駅」と入力。
そして、「自動車で検索」をクリック、次に"駅との一致"から「広島駅」をクリックじゃ!」

「宮尾産業」までは、広島駅から












そう叫んで勢い良くわしはレンタカー屋さんまで向かいました。
待ってろ、素敵な化粧筆。
待ってろ、素敵な明子の笑顔・・・。


みんなの、明子の、喜ぶ顔が見たくて・・・。そして、お店に到着。
ここで実際に、化粧筆が作られているとのこと。
もう、わしは興味津々です。

中にお邪魔するとまさに作業の真っ最中。
半サシと呼ばれる小刀を使い、毛先と毛根が逆さになっている毛や、途中で切れている毛をはじいていく。

半サシと呼ばれる小刀を使い、毛先と毛根が逆さになっている毛や、途中で切れている毛をはじいていく













さらに「熊野櫛」という道具を使い、毛を整えつつ、更に選別。良質な毛のみを残し、全体量が最初の6〜7割ほどまで減る。
かかる労力は半端ではないが「顔に使うもの」だからこそ、その手間ひまを惜しむことはない。

そもそもこのお店のある「熊野」という場所は、日本でも有数の筆作りが非常に盛んなところ。また熊野の化粧筆は、海外からも注目され高い評価を受けているそうだ。これをお土産にしたら、明子はもとより、皆さんにも喜んでいただけること間違いなしじゃ!そして、さらに作業は進行。

「山出し」という作業を経て、細い針金で毛束をしばる














選別を終えた毛束の先を完全に揃える「山出し」という作業を経て、細い針金で毛束をしばる。なんちゅう繊細な作業じゃ!!!
そして、さらに作業は進行。

もし、火事になったら、一目散で、この道具をもって逃げるという山出しようの道具じゃ!

「山出し」













選別を終えた毛束の先を完全に揃える「山出し」という作業を経て、細い針金で毛束をしばる。なんちゅう繊細な作業じゃ!!!


最後に職人のおふたりとパチリ。なんとおふたりはご兄弟で筆作りに携わっておられる。

兄弟で筆作りに













「熊野筆というブランドに関わる以上、プライドを持ってやる」そんな意志を、強く感じました。

さあ、この素敵な化粧筆をゲットしたわしは、急ぎ足で帰路につきました。
明子の喜ぶ顔が見たい・・・。
待ってろよ、明子!

『癒しの熊野化粧筆5点携帯用ポーチセット』

『癒しの熊野化粧筆5点携帯用ポーチセット』をクイズの正解者の中から厳正なる抽選で10名様にプレゼント

応募期間:2011年3月12日(土)10:01〜3月14日(月)10:00
広島で出会った化粧筆、明子は大喜びでした。
わしの面目躍如です。

みなさんもぜひ、iタウンページを体験して、このお土産、手に入れてください。
職人の技を顔で感じる、めったにない機会ですぞ。

さあ、わしの旅も、残り2回です。
パワーアップしたiタウンページに負けないよう、わしも最後までパワフルに疾走いたしますので、なにとぞご注目をお願いいたします!

さて、では、次はどの街に行くのか。
ご期待ください。

さあ恒例となりました。
みなさん、ご唱和をお願いします。


メイクブラシ熊野化粧筆MIYAO


  
Posted by メイクブラシメーカーMIYAO at 00:00MIYAOメイクブラシ